CAT WALK 歌詞

CAT WALK BOOGIE

不埒な猫がレコードに爪立て 

何だかんだと大騒ぎ

噛み傷 引っ掻き傷 

猫じゃらし


わがままQUEENが今夜も侍らす 

ちょいとここらじゃ有名人

CAT WALK BOOGIE 

CAT WALK BOOGIE 

猫じゃらし


今夜のQUEENは打ちのめされて

猫かぶり姫になり下がる

CAT WALK BOOGIE 

CAT WALK BOOGIE 

猫だまし


泥棒猫はバチが当たって

踏んだり蹴ったり

だから今こそ歌ってみろよ 

孤高で最高のブルースを


邪なBABY やって来るぜ 

今夜もQUEENは大暴れ

CAT WALK BOOGIE 

CAT WALK BOOGIE 

牙を剥け

CAT WALK BOOGIE 

CAT WALK BOOGIE 

OH OH OH OH

CAT WALK BOOGIE 

CAT WALK BOOGIE 

猫じゃらし

SOMEBODY TO LOVE

それっぽっちのことで悩んでる

あんたにゃ愛想を尽かしたぜ

つまらない恋に惑わされ

右も左もそっちもこっちも

分かんなくなっちまった


somebody to love,somebody

キツネとタヌキの化かし合い

somebody to love,somebody

食えやしないぜ

somebody to love,somebody

午後には昼寝とひなたぼっこ

somebody to love,somebody

その胸に手を当てて

頭にピストルぶち込みNO,NO,NO


それっぽっちのことでふさいでる

あんたにゃ愛想を尽かしたぜ

くだらない愛に悩まされ

右往左往に七転八倒

分かんなくなっちまった


somebody to love,somebody

キツネとタヌキの化かし合い

somebody to love,somebody

食えやしないぜ

somebody to love,somebody

夜にはベッドでお人形ごっこ

somebody to love,somebody

その胸に手を当てて

頭にピストルぶち込みNO,NO,NO


冷蔵庫には飲みかけのジュースが

口移しで舌を噛んで

アタシはそれをぶちまける


somebody to love,somebody

キツネとタヌキの化かし合い

somebody to love,somebody

食えやしないぜ

somebody to love,somebody

午後には昼寝とひなたぼっこ

somebody to love,somebody

その胸に手を当てて

頭にピストルぶち込みNO,NO,NO


black bird

愛情に飢えすぎた

大きな鳥の歌が聞こえてくる

飛ぶことをやめたなら

心がすぐに折れてしまいそうで

羽ばたいて羽ばたいて羽ばたいて

どこまでもどこまでも遠く

black bird

燃え尽きた羽根じゃ

戻ることはできない

black bird

アタシの奥の光を

全部あなたにあげる


太陽を目指し飛び

空前絶後規模の変革を

憧れた大空はいつでも

自由と孤独の中間地点

羽ばたいて羽ばたいて羽ばたいて

どこまでもどこまでも遠く


生まれたことには意味があると

いつもあなたは言っていた

誰も分からなくていいよ

信じた道を進め


black bird

燃え尽きた羽根じゃ

戻ることはできない

black bird

アタシの奥の光をあなたへ


black bird

燃え尽きた羽根じゃ

戻ることはできない

black bird

アタシの奥の光を全部あなたにあげる


大失態

百と八つの煩悩の数を毎晩数えて眠る

そしたらどうだい頭の中は

寝ても覚めてもそればかり


あぁ 大失敗 あぁ 大失態


1年365日いわゆる毎日

はっきり言って頭の中は

寝ても覚めてもそればかり


あぁ しくじった あぁ 大失態


キレイなウソで固められている

歌にはもう、うんざりだ

アタシは人間の本質を歌う

ずっとそうやって生きていく


上限のない欲求の数を毎晩数えて眠る

当然アタシの頭の中は

寝ても覚めてもそればかり


あぁ 大失敗 あぁ 大失態


1年365日 毎朝毎晩

当然アタシの頭の中は1から10までそればかり


あぁ 大笑い あぁ 大失態


切ない恋の終わりを告げる

ラブソングにはうんざりだ

綺麗な終わりはあり得はしない

泥沼の愛ほどドラマティック


もしも許されるなら時間よ戻れ

虚勢を張っていた

アタシなど地獄に堕ちてしまえ


綺麗なウソで固められている

歌にはもうウンザリだ

アタシは人間の本質を歌う 

ずっとそうやって生きていく


アタシは何だ アタシは誰だ 

アタシは何処だ アタシは此処だ

オマエは何だ オマエは誰だ

オマエは何処だ オマエは其処だ

歓喜の唄

引っ掻いて 引っ掻いて 

爪がボロボロになるまで

赤い血が流れる 

アタシはおかしくてただ笑う


想像の彼方で恍惚の笑みを浮かべて

ふざけてんじゃねぇよ 

アタシの唇には歓喜の唄


鼓動は速く声は震える

あんたはただ叫ぶ 

こんなはずじゃなかったと


ハイエナみたいに

形がなくなるまで食い尽くせ

ふざけてんじゃねぇよ 

アタシの唇には歓喜の唄


求愛 幸せ 絶望 未来 

すべては重なってるモノ

全ては全ては欲望のままに


ハイエナみたいに

形がなくなるまで食い尽くせ

怖がってんじゃねぇよ 

アタシの唇には歓喜の唄


ここにある宇宙を飲み込んで 

アタシはこの世の全てになる


怖がってんじゃねぇよ 

アタシの唇には歓喜の唄

もっと自由でいいよ 

アタシの唇には歓喜の唄


満月

今年も季節は

少しづつ動いて

あれから何度も 

別れ 繰り返した


運命の20時21分 

アタシは急いで家を出て

遠くへ手を伸ばすんだ

逢いたくて逢いたくて

たまらない


雲に隠れた月よ 

遮る闇を飛び越えて 

心に愛を灯せ

地球を光で満たせ 

疲れた体 癒してよ

もっと近くにいてよ 

満月よ


思えば出逢いは

不確かな距離感

さよなら言うのも

なぜか分かってた


過ぎてゆく20時21分

アタシは走って追いかけて

遠くへ手を伸ばすんだ

恋しくて恋しくてたまらない


明日になれば月は

だんだん離れてゆくけど

永遠に光を放つ

地球の全てを照らせ 

疲れた心 癒してよ

きっと戻ってきてよ 

満月よ


356511kmの奇跡 

人間はあの月に

触れたくて夢を見る


雲に隠れた月よ 

遮る闇を飛び越えて 

心に愛を灯せ

地球を光で満たせ 

疲れた体 癒してよ 

もっと近くにいてよ 

満月よ

ライラック

晴れた空には

白い雲が流れていた 

いつでもあいつらの

笑い声が響いていた

懐かしいあの歌が

どこからか聞こえたんだ 

どうしても戻れない

遠き日の面影よ


進んでは一歩下がって 

思うように歩けなかった 

今日までは


新しい朝が来て

世界中に光が満ちた 

思うように生きてゆけ

ここからも道は続いてく


月曜の朝は

少しだけ憂鬱になるけど 

それでもあいつらの

笑い声で吹き飛ばした


少しだけ大人になった 

だけどずっと変わらないものも

きっとあるよ


あんなにも夢見てた

世界は今 そこまで来てる

いつまでもこのままで

自分らしく歩いて行こう

LALALALALA・・・


Buttefly

食べかけの半分の果実と

屈託のない笑顔のわきで

ガラスのコップの水滴を

物欲しげに眺めてる


遥かなる空を仰げ 

地上に咲いた 

すぐに散る命と知りつつも

虫が運ぶ甘美な恋を

楽しむだけで 

満たされて溶けていく

真夏の罪の香りの花


アスファルトの上に見えてる 

蜃気楼に手を伸ばす


遥かなる空へ歌え 

地上に咲いた 

そのために生まれては死んでいく

太陽求め 水を求め 蜜を集め

いつのまにか 過ぎていく真夏の 

雨の香りの花



JASRAC承諾番号:M1708303320